日高王国 見る・遊ぶ・体験する 北海道の新しい教育旅行
日高王国 見る・遊ぶ・体験する 北海道の新しい教育旅行
MENU
 

浦河町・様似町・えりも町について

 

競走馬の産地にして牧歌的な風景が広がる浦河町と、地球の息吹を感じるダイナミックな風景が続く様似町、豊かな水産資源と雄大な自然景観に恵まれたえりも町。浦河町・様似町・えりも町は、日高山脈と太平洋を望みながら、サラブレッドの放牧風景が続く、魅力溢れる地域です。

浦河町・様似町・えりも町を擁する日高地域は全国の競走馬のおよそ80%を生産する日本屈指の馬産地として有名で、昆布やサケ、ツブをはじめとした漁業も盛んで、四季を通じて様々な魚介類が獲れます。また、国の特別天然記念物に指定されているアポイ岳の高山植物群落や特異な地質地形、道内では古くから栄えた地域としてアイヌ文化が伝承されるなど、北海道の中でも独自な魅力と味力がたくさん詰まっている地域です。

 

アクセス

 
 

豊かな産業

牧場

牧場

全国の競走馬のおよそ8割を生産する日高地方。牧場だけでなく育成施設やセリ市場などの関連施設が集まり、一大産業を形成しています。日高で生まれ中央競馬や地方競馬で活躍した多くの馬たちが、引退後もこの地で過ごしています。

農業

日高地方は冬期でも積雪量が少なく、夏が涼しいのでハウス栽培に適した地域です。そのため従来からの特産品であるイチゴに加え、花きやアスパラ、トマトなどの 野菜のハウス栽培を周年で行う農法に期待が集まっています。また加工品の製造など、農業経営の多角化に取り組んでいます。

農業
林業

林業

日高エリアの80%の面積を占める森林には豊富な樹種が生育し、日高沖の豊かな漁場を育み守っています。この貴重な自然を未来に繋げるため、親子で参加する「シイタケのほだ木づくり」や「丸太切り」などの体験学習が行われています。

漁業

今や全国ブランドとなっている「日高昆布」をはじめ、全道一の生産量を誇る「真ツブ」、天然秋鮭の最高峰ブランド「銀聖」や春先に獲れる「時鮭」、幻のカレイ「マツカワ」、アイヌの神からの贈り物と言われる「シシャモ」など、日高の海は水産物の宝庫となっています。

漁業
牧場

牧場

全国の競走馬のおよそ8割を生産する日高地方。牧場だけでなく育成施設やセリ市場などの関連施設が集まり、一大産業を形成しています。日高で生まれ中央競馬や地方競馬で活躍した多くの馬たちが、引退後もこの地で過ごしています。

農業

農業

日高地方は冬期でも積雪量が少なく、夏が涼しいのでハウス栽培に適した地域です。そのため従来からの特産品であるイチゴに加え、花きやアスパラ、トマトなどの 野菜のハウス栽培を周年で行う農法に期待が集まっています。また加工品の製造など、農業経営の多角化に取り組んでいます。

林業

林業

日高エリアの80%の面積を占める森林には豊富な樹種が生育し、日高沖の豊かな漁場を育み守っています。この貴重な自然を未来に繋げるため、親子で参加する「シイタケのほだ木づくり」や「丸太切り」などの体験学習が行われています。

漁業

漁業

今や全国ブランドとなっている「日高昆布」をはじめ、全道一の生産量を誇る「真ツブ」、天然秋鮭の最高峰ブランド「銀聖」や春先に獲れる「時鮭」、幻のカレイ「マツカワ」、アイヌの神からの贈り物と言われる「シシャモ」など、日高の海は水産物の宝庫となっています。

 

夏涼少雪の気候と四季折々の自然

夏は涼しく、冬は北海道のどの地域よりも雪の少ない「涼夏(りょうか)少雪(しょうせつ)」の地域で、一年を通して過ごしやすい気候が特徴です。

 
仔馬の誕生 仔馬の誕生

仔馬の誕生

優駿さくらロード

優駿さくらロード

優駿さくらロード

優駿さくらロード

春ウニ・バフンウニ 春ウニ・バフンウニ

春ウニ・バフンウニ

アスパラの収穫 アスパラの収穫

アスパラの収穫

昆布干し 昆布干し

昆布干し

イチゴの収穫

イチゴの収穫

イチゴの収穫

イチゴの収穫

親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場 親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場

親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場

トマトの収穫 トマトの収穫

トマトの収穫

稲刈り 稲刈り

稲刈り

いくら

いくら

いくら

いくら

秋サケ定置漁風景 秋サケ定置漁風景

秋サケ定置漁風景

紅葉 紅葉

紅葉

野生動物観察 野生動物観察

野生動物観察

星空

星空

星空

星空

毛嵐 毛嵐

毛嵐

毛がに 毛がに

毛がに

 
 

魅力的な観光地

約3kmの道沿いに1,000本ほどのエゾヤマザクラが咲き誇る「優駿さくらロード」や乗馬観光施設の「優駿ビレッジアエル」、馬の歴史や人との関係を学習できる「馬事資料館」、美しい海岸線が続くその果ての「襟裳岬」など、日高エリアには魅力的な観光地が揃っています。

また、地球化学的にみて貴重な地質遺産を含む自然公園として、アポイ岳周辺地域が日本ジオパークに認定されています。地下深くのマントルが押し上げられた固有の高山植物をはじめ数々の固有生物が生息、海岸に点在するエンルム岬や親子岩などの奇岩には、先住民族アイヌによる言い伝えが残っています。

 
 

浦河町・様似町・えりも町の町勢

サラブレッドのふるさと、浦河町 サラブレッドのふるさと、浦河町

サラブレッドのふるさと、浦河町

浦河町内には約200の馬の牧場があり、日高山脈や太平洋を背景に馬が佇む、北海道のこの地域でなければ味わえない、独特の風景を堪能することができます。これまでに浦河町から5冠馬シンザン、4冠馬のミスターシービー、獲得賞金歴代最高のテイエムオペラオーなど、数多くの名馬を世に送り出しています。
浦河町の観光施設である「うらかわ優駿ビレッジAERU」は、約107haの敷地に、馬や自然とふれあえるメニューがいっぱい。通常の宿泊のほか、合宿などに対応できます。
≫ 浦河町のホームページへ

 
大地の公園「アポイ岳ジオパーク」を抱く様似町 大地の公園「アポイ岳ジオパーク」を抱く様似町

大地の公園「アポイ岳ジオパーク」を抱く様似町

地球と大地に親しみ、学んでいく旅を「ジオツーリズム」と呼びます。ジオパークはジオツーリズムを楽しく体験する自然の中の公園です。様似町のシンボル「アポイ岳」は、かんらん岩と呼ばれる地球の奥深くにある岩石から出来ているため、810mと低い山にもかかわらずたくさんの高山植物を楽しむことができます。
「なぜこの場所にしかこの花は咲かないのか」「なぜ様似町に特殊な地質が存在するのか」地球についてのたくさんの「なぜ」を解き明かす鍵が様似町に眠っています。
≫ 様似町のホームページへ

 
えりも町は、日高昆布の一大産地! えりも町は、日高昆布の一大産地!

えりも町は、日高昆布の一大産地!

えりも町は、全国に出回っている日高昆布の6割以上が水揚げされる昆布の一大産地です。
海に生えている昆布を採取できるのは7月から10月頃までで、住民の半数以上が昆布漁に携わり、まさに「えりもの夏の風物詩」と言えます。
北海道の中央南部に位置する日高山脈の突端が「襟裳岬」で、沖合へと続く約2kmの岩礁地帯は、山脈が海に繋がっていることを実感できます。また、えりも岬は風速10m以上の風が吹く日が260日を超える強風地帯でもあり、その昔「えりも砂漠」と呼ばれるほど荒廃した土地を60年以上の歳月をかけて緑の森林を甦らせました。
≫ えりも町のホームページへ