日高王国 見る・遊ぶ・体験する 北海道の新しい教育旅行
日高王国 見る・遊ぶ・体験する 北海道の新しい教育旅行
MENU
 

ニュース&トピックス

 
2021.04.13

桜 北海道一の幹周 (浦河町)
 

浦河町には北海道で幹周が一番太い大山桜(おおやまざくら)があります。

この桜の名は「オバケ桜」と言い、日本中央競馬会日高育成牧場(JRA)の敷地内にあるため

通常立ち入ることができません。

しかし、2021年春 一般見学者向けに初公開します!

公開日:令和3年4月26日(月)~5月5日(水)

時 間:10時~18時

注:私有地のため時間外は観覧できません。

付近の道路は馬が横断しますので注意してください。

詳細は「うらかわ旅 Facebook」 urakawa-tabi/com へ

 

「オバケ桜」

JRA所有の草地内にある、幹周490㎝、樹高15.6mの大山桜の巨樹です。

環境省の「巨樹・巨木林データベース」には登録済みで、「オオヤマザクラ」で検索すると、幹周では全国3位となります。

ちなみに1位は群馬県片品村にあるもので533㎝、2位は長野県飯網町にあるもので530㎝です。当該データベース上では、北海道では幹周の一番太い大山桜となります。

この桜の名は浦河町の要請を受けてJRAが命名していますが、日高幌別川の支流オバケ川がすぐ近くにあるため、生立場所を示すとともに、この桜の巨大さも感じさせるという、絶妙なネーミングとなっている。

明治40年(1907年)の旧軽種馬牧場開設以後に鑑賞木として一帯に植栽されたものであったとしても80年を超えていると推定されます。

最も特質すべきは幹の太さで、幹周は北海道一を誇っており、枝張りは四方に約10mと良形を保ちそびえ立っております。

しかし、通常立ち入ることができないロケーションのため知る人ぞ知る名木となっておりました。

 

 




 

この記事へのコメント

コメントを書く


画像の中に見える文字を入力してください。

≪ 一覧へ戻る

最近の記事

2021.08.30
③農業体験 浦河高校(3年)
2021.08.11
②漁業体験 浦河高校(3年)
2021.07.26
①酪農体験 浦河高校(3年)
2021.06.09
癒される風景

最近のコメント

2017.05.01
平成28年度 大阪商業大学堺高校 B班 by Pharmc619
2017.05.03
平成28年度 大阪商業大学堺高校 B班 by Pharmg394

カテゴリ

過去ログ